上杉定正の解説 - 小学館 大辞泉

[1443~1494]室町中期の武将。扇ヶ谷 (おうぎがやつ) 上杉持朝 (もちとも) の子。太田道灌 (おおたどうかん) に補佐されて兵威を振るったが、上杉顕定 (あきさだ) の中傷を信じて道灌を暗殺。のち顕定との戦いの陣中で死亡。