• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中島らもの解説 - 小学館 大辞泉

[1952~2004]小説家・劇作家。兵庫の生まれ。本名、裕之 (ゆうし) 。印刷会社・広告代理店勤務を経て、テレビ番組の構成やラジオのディスクジョキーなど広範囲に活躍。はじめエッセーで認められる。小説「今夜、すべてのバーで」「ガダラの豚」「永遠 (とわ) も半ばを過ぎて」など。

中島らもの解説 - SOCKETS人物データベース

ローリング・ストーンズ、トム・ウェイな精神は小説も音楽も同じだった。うなっているのか歌っているのかわからない独特の低い歌声。
出生地
兵庫県尼崎市
生年月日
1952年4月3日 おひつじ座
没年月日
2004年7月26日(享年52歳)
血液型
A型
別表記
中島裕之 なかじま・ゆうし 中島らもん

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉