中島敦の解説 - 小学館 大辞泉

[1909~1942]小説家。東京の生まれ。中国の史実・古典に題材を求めた作品を書いたが夭折 (ようせつ) 、死後再評価された。作「李陵 (りりょう) 」「山月記」「光と風と夢」など。

中島敦の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府東京市(現・東京都)
生年月日
1909年5月5日 おうし座
没年月日
1942年12月4日(享年33歳)