• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中川淳庵の解説 - 小学館 大辞泉

[1739~1786]江戸中期の蘭医。江戸の人。名は玄鱗 (げんりん) 。本草学・蘭学を学び、杉田玄白らと「解体新書」を翻訳。オランダ医ツンベルクと交流があった。著「和蘭局方」「和蘭薬譜」など。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉