• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中曽根康弘の解説 - 小学館 大辞泉

[1918~2019]政治家。群馬の生まれ。海軍主計少佐として終戦を迎え、昭和22年(1947)民主党から衆議院議員初当選。長く憲法改正を主張しつつ、保守合同後は自民党科学技術庁長官・防衛庁長官・通産大臣などを歴任。同57年首相就任。改憲はできなかったものの国鉄電電公社日本専売公社民営化を実現し、外交ではレーガン米大統領との盟友関係を築いた。62年退陣。平成15年(2003)政界引退。→竹下登

中曽根康弘の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
群馬県高崎市
生年月日
1918年5月27日(101歳) ふたご座
別表記
中曾根康弘

[社会/政治・経済の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース