中橋徳五郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1861~1934]実業家・政治家。石川の生まれ。大阪商船社長を退いて政界に入り、政友会に所属。文相・商工相・内相などを歴任。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉