• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

丸山健二の解説 - 小学館 大辞泉

[1943~ ]小説家。長野の生まれ。「夏の流れ」で芥川賞受賞。結婚後、郷里長野に帰り、大自然の中で作家活動を展開する。他に「朝日のあたる家」「黒い海への訪問者」「ときめきに死す」「虹 (にじ) よ、冒涜 (ぼうとく) の虹よ」など。