• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

久世光彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1935~2006]演出家・小説家。東京の生まれ。「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などのテレビドラマを演出、大ヒットとなる。文筆業にも活躍の場を広げ、小説「聖なる春」で芸術選奨。他に「一九三四年冬―乱歩」「蕭々館 (しょうしょうかん) 日録」など。

久世光彦の解説 - SOCKETS人物データベース

演出家、小説家、テレビプロデューサー。ドラマ「寺内貫太郎一家」「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などに携わる。50歳を過ぎてから執筆活動を開始、「一九三四年冬―乱歩」「触れもせで - 向田邦子との二十年」などを手掛けた。1998年の紫綬褒章をはじめ、数多くの賞を受賞している。
出生地
東京都杉並区阿佐ヶ谷
生年月日
1935年4月19日 おひつじ座
没年月日
2006年3月2日(享年70歳)
別表記
くぜ・みつひこ 市川睦月 林紫乃

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉