久原躬弦の解説 - 小学館 大辞泉

[1856~1919]化学者。岡山の生まれ。京都大学総長。日本における有機化学研究の理論的基礎を築いた。著「立体化学要論」など。