• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

亀井勝一郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1907~1966]評論家。北海道の生まれ。初め、プロレタリア文学の理論家として活躍、のち、転向して日本浪曼派に属し、仏教思想・日本古典に傾倒、文明批評で活躍した。著「大和古寺風物誌」「わが精神の遍歴」「現代人の研究」など。

亀井勝一郎の解説 - SOCKETS人物データベース

評論家
出生地
北海道函館区(現・函館市)元町
生年月日
1907年2月6日 みずがめ座
没年月日
1966年11月14日(享年59歳)