• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二条良基の解説 - 小学館 大辞泉

[1320~1388]南北朝時代の公卿・歌人・連歌師。初め後醍醐天皇に仕え、のち北朝の天皇に仕えた。和歌は頓阿 (とんあ) に学び、連歌は救済 (ぐさい) を師としてともに「菟玖波 (つくば) 集」を撰し、式目を制定するなど、連歌の文学的地位を確立した。歌論「近来風体抄」、連歌論「筑波問答」「応安新式」「連理秘抄」など。