• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

井上日召の解説 - 小学館 大辞泉

[1886~1967]国家主義者。群馬の生まれ。本名、昭。日蓮宗に帰依し、日召と号す。血盟団を結成、国家革新を計画し、一人一殺 (いちにんいっさつ) 主義を唱え、井上準之助・団琢磨を暗殺。裁判で無期懲役となったが、恩赦で出獄。第二次大戦後、護国団を設立。