• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

井原西鶴の解説 - 小学館 大辞泉

[1642~1693]江戸前期の浮世草子作者・俳人。大坂の人。本名、平山藤五。西山宗因に俳諧を学び、矢数 (やかず) 俳諧を得意とした。浮世草子では、武士や町人の生活の実態を客観的に描き、日本最初の現実主義的な市民文学を確立。近代の作家に影響を与えた。著「好色一代男」「本朝二十不孝」「日本永代蔵」「世間胸算用」「西鶴諸国ばなし」「西鶴置土産」、俳諧の「西鶴大矢数」など。
武田麟太郎の小説。昭和10年(1935)から昭和12年(1937)にかけて、「人民文庫」誌に断続的に連載。

井原西鶴の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
大坂(現・大阪府)
生年月日
1642年
没年月日
1693年9月9日(享年51歳)