• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

井筒和幸の解説 - 小学館 大辞泉

[1952~ ]映画監督。奈良の生まれ。関西を舞台にした青春映画「岸和田少年愚連隊 BOYS BE AMBITIOUS」で鮮烈な印象を与えた。その後は幅広いジャンルの作品で人気を集める。テレビ出演も多く、辛口の映画批評で知られる。代表作「二代目はクリスチャン」「犬死にせしもの」「のど自慢」「パッチギ!」など。

井筒和幸の解説 - SOCKETS人物データベース

歯に衣着せない毒舌で、本業以外のテレビバラエティなどでも活躍する映画監督。初期はピンク映画でキャリアをスタート。ATG映画『ガキ帝国』で注目を集め、その後も『岸和田少年愚連隊』『パッチギ!』などの作品でヒットを飛ばしている。
出生地
奈良県
生年月日
1952年12月13日(66歳) いて座
血液型
A型

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉