• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

仁科芳雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1890~1951]物理学者。岡山の生まれ。長岡半太郎ラザフォードボーアに師事。理化学研究所の主任研究員から所長となり、量子力学原子核宇宙線の研究に業績をあげ、また、湯川秀樹朝永振一郎坂田昌一ら後進を指導した。昭和12年(1937)および昭和19年(1944)、日本最初のサイクロトロンを建設。文化勲章受章。