• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

今井似閑の解説 - 小学館 大辞泉

[1657~1723]江戸中期の国学者。京都の人。下河辺長流 (しもこうべちょうりゅう) 契沖に学び、万葉集を研究。著「万葉緯」「逸風土記」など。