• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

今川了俊の解説 - 小学館 大辞泉

[1326~1420]南北朝時代の武将・歌学者。名は貞世。伊予守。遠江 (とおとうみ) 守護。足利義詮 (あしかがよしあきら) に仕え、幕府の引付頭人 (ひきつけとうにん) を経て応安4年(1371)九州探題となり、九州の南朝方を制圧。その後、足利氏満との共謀の疑いを受け引退。和歌・連歌にすぐれた。著「難太平記」「今川大双紙」など。