• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

今村明恒の解説 - 小学館 大辞泉

[1870~1948]地震学者。鹿児島の生まれ。東大教授。関東大震災直前にその可能性を予告。震災後地震学会を創立、会長となる。地震学の発展、震災予防運動に尽力。著「理論・応用地震学」「鯰のざれごと」など。

[地学/地学の人物]カテゴリの言葉