• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊丹万作の解説 - 小学館 大辞泉

[1900~1946]映画監督・脚本家。愛媛の生まれ。皮肉と諧謔 (かいぎゃく) に富んだ作風で、時代劇に近代的感覚をもたらした。代表作は「国士無双」「赤西蠣太」など。脚本に「無法松の一生」。

伊丹万作の解説 - SOCKETS人物データベース

日本映画の基礎を作った監督の一人であり、伊丹十三の父でもある。1928年、『仇討流転』で監督デビュー。『国士無双』『赤西蠣太』など独特の作風は映画界随一の「知性派」として高い評価を受けた。38年、『巨人伝』を最後に監督業引退。引退後は日活で脚本の仕事に携わった。
出生地
愛媛県松山市湊町
生年月日
1900年1月2日 やぎ座
没年月日
1946年9月21日(享年46歳)