• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊丹十三の解説 - 小学館 大辞泉

[1933~1997]俳優・映画監督。京都の生まれ。本名、池内義弘。父は映画監督の伊丹万作。演技派の俳優として特異な存在だったが、昭和59年(1984)の「お葬式」で映画監督に転向。ラーメン店を舞台とした「タンポポ」、国税局査察部で活躍する女性を描いた「マルサの女」など、それまで映画に取り上げられにくかった題材を扱い話題を集める。エッセイストとしても知られ、著書に「ヨーロッパ退屈日記」「女たちよ!」など。

伊丹十三の解説 - SOCKETS人物データベース

個性派俳優として活躍、また映画監督として"マルサの女"など社会のタブーに切り込んだ映画を多数製作、話題となる。1997年死去。
出生地
京都府京都市
生年月日
1933年5月15日 おうし座
没年月日
1997年12月20日(享年64歳)
別表記
池内岳彦 池内義弘 いけうち・たけひこ いけうち・よしひろ

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉

出典:gooニュース