• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伴信友の解説 - 小学館 大辞泉

[1773~1846]江戸後期の国学者。若狭小浜藩士。通称、州五郎。号、事負 (ことひ) 。本居宣長没後の門人。歴史の研究、古典の考証にすぐれた。著「比古婆衣 (ひこばえ) 」「長等山風 (ながらのやまかぜ) 」「神社私考」など。