• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伴林光平の解説 - 小学館 大辞泉

[1813~1864]江戸末期の勤王家・国学者。河内 (かわち) の人。天誅組 (てんちゅうぐみ) に加わり、中山忠光らの大和挙兵に参加、捕らえられて刑死。著「南山踏雲録」など。ばんばやしみつひら。