佐佐木信綱の解説 - 小学館 大辞泉

[1872~1963]歌人・国文学者。三重の生まれ。弘綱の長男。「竹柏会」を主宰、歌誌「心の花」を刊行して多くの歌人を育成。また、万葉集の研究や和歌の史的研究などに業績を残した。文化勲章受章。歌集「思草」、論文集「歌学論叢」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉