• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

倉光俊夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1908~1985]小説家。東京の生まれ。朝日新聞社会部を経て、松竹演劇部、映画部勤務ののち、作家となる。「連絡員」で芥川賞受賞。私誌「蚯蚓 (みみず) 」を発行。他の作品に「雪の下」「冷べたい水の村」など。

倉光俊夫の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府東京市浅草区(現・東京都台東区浅草)
生年月日
1908年11月12日 さそり座
没年月日
1985年4月16日(享年76歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉