光世の解説 - 小学館 大辞泉

平安末期、筑後の刀工。典太 (てんだ) と称す。法名は元真。三池に住んだので、その一派を三池派という。作風は豪壮で、室町将軍家以来の重宝である「大典太」などの作がある。生没年未詳。

出典:青空文庫