• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

入江波光の解説 - 小学館 大辞泉

[1887~1948]日本画家。京都の生まれ。本名、幾治郎。初め国画創作協会に加わり、同会解散後は制作とともに古画の模写・研究に努め、法隆寺金堂壁画の模写に従事。洗練された静澄な画風で、仏画・水墨画を多く描いた。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉