• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

入江長八の解説 - 小学館 大辞泉

[1815~1889]江戸末期から明治初期の名工。伊豆の人。号は天祐、乾道。貧しい農家に生まれ、左官の弟子となり漆喰 (しっくい) の技術を身に付けた後、江戸で狩野派の絵画を学び、漆喰細工に応用。色彩豊かな鏝絵 (こてえ) の技法を完成させ、浅草寺観音堂、成田山新勝寺など各地で作品を制作した。生地の静岡県松崎町に作品を展示した美術館・記念館がある。伊豆の長八。