• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

具平親王の解説 - 小学館 大辞泉

[964~1009]平安中期の文人・歌人。村上天皇の第7皇子。中務 (なかつかさ) 卿。六条宮・千種 (ちぐさ) 殿・後 (のちの) 中書王とよばれる。文才豊かで、和歌・漢詩文に長じ、音楽・陰陽 (おんよう) ・医術などにも通じた。著「弘決外典抄 (ぐけつげてんしょう) 」など。

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉