内田康哉の解説 - 小学館 大辞泉

[1865~1936]外交官・政治家。熊本の生まれ。明治末から五度外相を務めた。満州事変後、満鉄総裁、斎藤内閣の外相となり、幣原 (しではら) 協調外交に対して、焦土外交とよばれる強硬な外交政策を推進した。

内田康哉の解説 - SOCKETS人物データベース

政治家
出生地
熊本県八代郡氷川町(旧・竜北町)
生年月日
1865年11月17日 さそり座
没年月日
1936年3月12日(享年70歳)

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉