• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

内藤丈草の解説 - 小学館 大辞泉

[1662~1704]江戸前期の俳人。蕉門十哲の一人。通称、林右衛門。別号、懶窩 (らんか) ・仏幻庵など。尾張犬山藩士。出家して京にのぼり、芭蕉に師事。句風は軽妙洒脱。著「寝ころび草」など。