• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

円地文子の解説 - 小学館 大辞泉

[1905~1986]小説家・劇作家。東京の生まれ。本名、富美 (ふみ) 。上田万年 (うえだかずとし) の二女。戯曲から小説に転じ、抑圧された女性の自我を官能的に描く。源氏物語の現代語訳にも尽力した。文化勲章受章。著「ひもじい月日」「女坂」など。

円地文子の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府東京市浅草区向柳原(現・東京都台東区浅草橋)
生年月日
1905年10月2日 てんびん座
没年月日
1986年11月12日(享年81歳)

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉