• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

円爾の解説 - 小学館 大辞泉

[1202~1280]鎌倉中期の臨済宗の僧。駿河の人。京都・鎌倉で参禅し、入宋。帰国後、九州・京都で説法。東福寺の開山となる。勅諡号 (ちょくしごう) 、聖一 (しょういち) 国師を賜り、これが日本の国師号の最初。著「三教要略」。円爾弁円 (えんにべんえん) 。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉