凝然の解説 - 小学館 大辞泉

[1240~1321]鎌倉後期の華厳宗の僧。伊予の人。字 (あざな) は示観。各宗の教義に精通。後宇多上皇菩薩戒を授け、東大寺戒壇院の長老となった。著述1200余巻といわれ、「八宗綱要」「浄土源流 (げんる) 章」「三国仏法伝通縁起」などがある。

出典:青空文庫