• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

前中書王の解説 - 小学館 大辞泉

《「中書」は中務 (なかつかさ) 唐名中務卿であったところから》醍醐天皇の皇子兼明 (かねあきら) 親王の異称。