• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加納夏雄の解説 - 小学館 大辞泉

[1828~1898]幕末・明治の彫金家。山城の人。円山派絵画も学び、江戸に出て刀装具などに写生風の彫法を用いて活躍。片切り彫りを得意とした。東京美術学校教授。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉