• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加藤幸子の解説 - 小学館 大辞泉

[1936~ ]小説家。北海道の生まれ。本姓、白木。北京で暮らした少女時代を描いた「夢の壁」で芥川賞受賞。「尾崎翠 (おさきみどり) の感覚世界」で芸術選奨。他に「野餓鬼 (のがき) のいた村」「自然連祷 (れんとう) 」など。