• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加藤景正の解説 - 小学館 大辞泉

鎌倉時代の伝説的な陶工。京都の人。正式には加藤四郎左衛門景正という。通称、藤四郎。入道して春慶と号した。道元に従って宋へ渡り、製陶法を学んで帰国。尾張の瀬戸に窯を開いたとされ、瀬戸焼また陶工の祖といわれる。藤四郎景正。生没年未詳。→藤四郎

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉