• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

加賀乙彦の解説 - 小学館 大辞泉

[1929~ ]小説家・精神科医。東京の生まれ。本名、小木貞孝 (こぎさだたか) 。現代社会の狂気を描いた長編小説で知られる。随筆や評論も多い。著「フランドルの冬」「帰らざる夏」「宣告」「湿原」など。芸術院会員。平成23年(2011)文化功労者

加賀乙彦の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
東京府東京市芝区三田(現・東京都港区)
生年月日
1929年4月22日(92歳) おうし座
別表記
小木貞孝

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉

[医学/医学の人物]カテゴリの言葉