北条義時の解説 - 小学館 大辞泉

[1163~1224]鎌倉幕府第2代執権。在職1205~1224。時政の次男。通称、江馬小四郎。父時政の失脚後、執権となり、和田義盛を滅ぼして侍所別当を兼ねた。姉政子と協力して承久の乱を鎮圧し、幕府権力を安定させ、北条氏の執権政治を固めた。