• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

北野武の解説 - 小学館 大辞泉

[1947~ ]タレント・俳優・映画監督。東京の生まれ。芸名、ビートたけし。漫才コンビ「ツービート」で人気を集め、個性派俳優としても活躍。深作欣二 (ふかさくきんじ) が降板した映画「その男、凶暴につき」で監督デビューし、斬新な暴力の描写が話題となる。平成9年(1997)「HANA-BI」でベネチア国際映画祭グランプリ(金獅子賞)を受賞。静寂な映像の中に死の影を漂わせた独特な手法が海外でも高く評価される。「キタノブルー」と呼ばれる青の色使いが特徴。作「ソナチネ」「キッズ・リターン」「座頭市」など。

北野武の解説 - SOCKETS人物データベース

お笑いタレント「ビートたけし」の本名。映画監督など文化的な仕事では本名で活動。1989年『その男、凶暴につき』て監督デビュー。1997年に発表した『HANA-BI』で第54回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞。
出生地
東京都足立区梅島
生年月日
1947年1月18日(74歳) やぎ座
血液型
O型
別表記
北野たけし 世界の北野

[演劇・映画/演劇人・映画人]カテゴリの言葉