• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

匡衡の解説 - 小学館 大辞泉

中国、前漢の学者。字 (あざな) は稚圭 (ちけい) 。貧しくて灯油が買えず、壁に穴をあけて隣家の明かりで書を読み、学者となったという。「詩経」に通じ、礼制の改革を進言した。生没年未詳。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉