十返舎一九の解説 - 小学館 大辞泉

[1765~1831]江戸後期の戯作者。駿河の人。本名、重田貞一。初め江戸に出て、のち大坂に行き、浄瑠璃の合作で文筆活動を始めた。江戸に戻り、洒落本黄表紙などを書き、滑稽本東海道中膝栗毛」で有名になった。他に人情本「清談峯初花」など。

出典:青空文庫