千姫の解説 - 小学館 大辞泉

[1597~1666]徳川秀忠の長女。豊臣秀頼 (とよとみひでより) と政略結婚させられたが、大坂城落城後、本多忠刻 (ほんだただとき) と再婚。夫の死後、出家して天樹院と号した。大坂城落城の際に姫の救出に功のあった坂崎出羽守の事件、忠刻没後の乱行などの俗説があり、歌舞伎などに脚色されている。

その他
生年月日
1597年5月26日 ふたご座
没年月日
1666年3月11日(享年68歳)
別表記
天樹院