• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千種忠顕の解説 - 小学館 大辞泉

[?~1336]鎌倉末期の廷臣。元弘の変で捕らえられ、後醍醐天皇とともに隠岐 (おき) に配流。のち、隠岐を脱出して、足利尊氏 (あしかがたかうじ) らと六波羅攻めに参加。尊氏の離反後、足利直義と戦って敗死。