• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

千道安の解説 - 小学館 大辞泉

[1546~1607]桃山時代の茶匠。初名は紹安。号は可休斎。利休の長男。利休とともに豊臣秀吉に仕えたが、利休死後、弟少庵がその後を継ぎ、不遇に終わったという。茶室・道具・茶事などに独自の工夫を凝らしたといわれ、道安囲い・道安風炉などにその名が残る。