• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

南条範夫の解説 - 小学館 大辞泉

[1908~2004]小説家。東京の生まれ。本名、古賀英正。武士の世の非情さを描いた時代小説で「残酷もの」ブームを巻き起こす。「灯台鬼」で直木賞受賞。他に「細香 (さいこう) 日記」「月影兵庫」シリーズなど。経済学者としても著作を残している。