• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

古筆了佐の解説 - 小学館 大辞泉

[1572~1662]桃山時代から江戸前期の古筆鑑定家。古筆家の祖。近江 (おうみ) の人。本名、平沢弥四郎。出家して了佐。近衛前久 (このえさきひさ) 烏丸光広 (からすまるみつひろ) に古筆鑑定を学ぶ。豊臣秀次から「古筆」の姓と「琴山」の極印 (きわめいん) とを与えられた。