• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉屋信子の解説 - 小学館 大辞泉

[1896~1973]小説家。新潟の生まれ。キリスト教的な理想主義や清純な感傷性によって多くの女性の支持を得た。作「地の果まで」「良人の貞操」「鬼火」「徳川の夫人たち」など。

吉屋信子の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
新潟県
生年月日
1896年1月12日 やぎ座
没年月日
1973年7月11日(享年77歳)