• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

吉田一穂の解説 - 小学館 大辞泉

[1898~1973]詩人。北海道の生まれ。本名、由雄。短歌から詩に転じ、第一詩集「海の聖母」で認められた。他に「故園の書」「未来者」など。

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉

[文学/戦後の作家・文学者]カテゴリの言葉