吉田松陰の解説 - 小学館 大辞泉

[1830~1859]幕末の思想家・尊王論者。長州藩士。名は矩方 (のりかた) 。通称、寅次郎。欧米遊学を志し、ペリーの船で密航を企てたが失敗して入獄。出獄後、萩に松下村塾を開き、高杉晋作伊藤博文らの多くの維新功績者を育成。安政の大獄で刑死。

吉田松陰の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
長門国(現・山口県)
生年月日
1830年9月20日 おとめ座
没年月日
1859年11月21日(享年29歳)
別表記
吉田矩方 吉田寅次郎

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース